Jobs Support Register

【更新】今後のGWENT Mastersについて

+

Papriko89

CD PROJEKT RED
#1


今後のGWENT Mastersについて

親愛なるグウェントプレイヤーの皆様

「GWENT Open#7」が幕を閉じ、今年計画されていたGWENT Mastersシリーズのすべてのイベントが終了しました。そしてグウェント史上最も大きな変更を迎えるにあたり、GWENT Mastersについても変更が加えられます。本記事では、そのいくつかの要素について解説していきます。

プロ・ラダーの変更
プロ・ラダーは本来、トップレベルプレイヤーのスタイルや使用勢力の多様性を促進するためにデザインされました。 2017年の発表以来、それはランクマッチにおける上位プレイヤーとプロゲーマーとをつなぐ架け橋のような存在でした。今年のGWENT Masters大会からの学びを通し、我々はプロ・ラダーの仕組みを一部変更することに致しました。これらの変更には、上位に上がるために必要なマッチ数の改変や、ランク21に到達して次シーズンのプロ・ラダーへの出場権を得たプレイヤーが、ひと月待たなければならなかった状況の改善など、これまでにコミュニティから寄せられていたリクエストへの対応を含んでいます。

10月23日、Homecomingアップデートが行われると同時に、現在の「プロ・ラダー」は無くなります。それに代わって新たに「プロ・ランク」がスタートいたします。このプロ・ランクでのマッチメイキングは、以前と同じくfMMR(勢力ごとのMMR)に基づいて行われるため、プレイヤーは各勢力でそれぞれ好成績を納めることを要求されます。しかしながら、順位決定のために必要なマッチ数は大幅に減少しました。fMMRの100%をアンロックするために必要なマッチ数は、各勢力ごとに100試合から→40試合へと変更になります。




この変更と同時に、プロ・シーズンの期間も短縮されることとなります。新たなシステムはランクと同期しているため、自然な流れとして、各シーズンは1ヶ月続いたあとリセットされることとなります。その際、プロ・ランク上位500名のプレイヤーは順位を保持することができます。それ以外のプレイヤーはランク5に降格されることとなります。しかしシーズン期間中にトップランクに到達したプレイヤーは、以前とは違い、次のシーズンを待つことなくスムーズにプロ・ランクをプレイすることができます。(fMMRは規定値である2400に設定されます)

これらの変更によるもう一つの利点は、全てのランク・モードプレイヤーがシーズン報酬の対象となるということです。よって今後は、異なるゲームモード間でプレイ頻度のバランスを取る必要がなくなります。

プロ・ランクの上位200名には月ごとにクラウンポイントが付与され、シーズン終了時の値が調整されます。GWENT Mastersの参加権を考慮するにあたり、「GWENT Open」では2シーズン分、「GWENT Challenger」では4シーズン分のクラウンポイントが使用されます。




スケジュール
プロ・ランクはHomecomingのアップデートが実施された直後からスタートいたします。プロ・ラダーの参加資格を持つすべてのGOGプレイヤーは、10月23日に自動的にプロ・ランクへ移されます。しかしながら、資格を持つすべてのPS4/Xbox Oneプレイヤーが12月4日にプロ・ランクに参加するまで、10月~11月にプロ・ランクをプレイしてもクラウンポイントが付与されることはありません。なお12月のシーズンが始まる直前のシーズン終わりには、カットオフは適用されません。

12月4日を皮切りにGWENT Mastersは再始動いたします。大会の2シーズン前までの累積パフォーマンスに基づいて、上位のプレイヤーが「GWENT Open #8」の出場資格、およびオンライン予選への参加権を得ます。オフシーズン後の最初の「GWENT Open」は2019年5月に開催されます。その後同じく2019年内に、「GWENT Challenger #5」と、世界一を決めるグランドフィナーレ「World Masaters」が開催されます。

これらの変更を行うことで、グウェントのEスポーツシリーズをより盛り上げ、楽しんで頂けるものにしていけたらと願っています。ご意見やご質問があれば、是非お気軽にお寄せください!

よろしくお願いいたします。
GWENT Masters チーム